トップページ > すい臓がんとは?

すい臓がんとは?

膵臓がん(膵臓癌)は外分泌の働きを持つ細胞、特に膵液が流れる膵管の細胞から発生する癌で、 膵臓にできるがんの90%以上がこのタイプのがんで、 内分泌の働きを持つ細胞にできる腫瘍(膵内分泌腫瘍)とは区別されます。

すい臓がんの症状・種類

早期の段階の膵臓がんには特徴的な症状はほとんどありません。症状があったとしてもお腹の痛みや、食欲が出ないなどの漫然としたもので膵臓がんだけに見られる症状ではありませんし、 一般的な検査をしても身体の真ん中にある臓器であるためがんが見つかることは稀です。

膵臓がんが進行してくると、体重の急激な減少や背中の痛み、腹部の腫れ、みぞおちの辺りの痛みが出てきます。 膵頭部がんの場合には胆管が詰まることによって白目や手足などが黄色くなる黄疸がでることがあります。 黄疸に気づく前には尿が赤くなります。黄疸時には身体のかゆみや尿の色が濃くなったり、 胆汁が十二指腸に流れなくなるため便が白くなります。

がんの種類