トップページ > フコイダンの効果

代替医療に救世主。フコイダンの効果とは?

がんをやっつける3つの作用

これまでの手術や放射線治療、医薬品を使った西洋医学に対して毒性が少なく副作用の心配のない、人に優しい医療法として注目されているのが「代替医療」です。
ガンなど、難病の患者にとっては選択肢が増えると同時に、医療の質の向上に貢献するものとして期待されています。

特に、アメリカでは1992年にOAM(代替医療事務局)が設立され、この分野の科学的研究は急速に進みハーバードやスタンフォード大学など10ケ所に研究センターが設立されています。 当会では、代替医療の中でも「フコイダン」の情報を提供しております。

抗がん剤は、がん細胞の活動を抑えることがありますが、がん細胞にダメージを与える反面、正常な細胞にもダメージを与え副作用に苦しめる場合があるのも事実です。
フコイダンによるQOLの向上には、下記のようなフコイダンの効果が考えられています。


フコイダンのアポトーシス作用

がん細胞は、ほとんど死ぬことなく増え続けて、移転し、体をむしばんでいきます。

しかし、フコイダンにより、がん細胞をアトポーシスする作用があると考えられています。

※正常な細胞は、一定期間を過ぎると自ら死を選ぶように遺伝子の情報に組み込まれており、この自ら死を選んでいく作用のことを「アポトーシス」言います。

フコイダンの免疫力強化作用

フコイダンには、さらにアガリクスやメシマコブのなどの、キノコ系の健康食品がもっているような免疫力増強作用・効果もあると言われています。
体内の免疫細胞を刺激して活発にし、また数も増やし、免疫システム全体を活性化させるからだと言われています。多糖体が、免疫細胞を活性化すると言われています。

フコイダンの新生血管抑制作用

貪欲ながん細胞は、栄養が豊富な血液を得るために自ら血管を作り、患者さんに大きな負担をかけます。しかし、フコイダンは、血管新生を抑える効果で有名なサメ軟骨の成分と同様な効果・作用があると考えられています。

【無料】ダウンロードレポート申込み

フコイダンは本当に効果的なのか?フコイダン療法とは?フコイダンの飲用例は?

外科医として、がん患者の手術を多数手がけてこられた先生が実践する「フコイダン療法」についてのレポートをご紹介いたします。
がん患者にフコイダンによる治療を実施し、多くの患者QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)の改善が見られた例を今回の特別研究レポートにしました。

フコイダンを選ぶ前に読んでおきたいレポートです。
「フコイダンとがん治療の研究レポート」のお申込みは非常に簡単です。
下記フォームより、ご利用のメールアドレスを登録してください。

 

西洋医学療法の壁を感じながらも癌専門医が癌治療に独自の治療法で取り組んだ内容及び
多くの患者のQOLを回復した内容について記載されています。

 

 

 

「フコイダンとがん治療の研究レポート」
をご覧になりたい方は、
下記にメールアドレスを入力して下さい。
 
メールアドレス:
 
上記のレポートは、フコイダン療法を一人でも多くの方に知って頂きたい情報発信を目的で配信しております。
料金発生は一切御座いませんので安心してご覧下さい。
 

PDFダウンロード

小冊子無料進呈